Bi-Intel Media

オウンドメディア入門:ビジネスを成長させる秘密

オウンドメディア入門:ビジネスを成長させる秘密

Yoneda

Human / Web Designer

Contents Marketing

デジタルマーケティングの世界では、オウンドメディアの活用が不可欠です。この記事では、オウンドメディアを用いた問い合わせ獲得、採用強化、購買意欲の向上、ブランディングの成功法を紹介します。効果的な活用法からメリット、注意点までを簡潔に解説し、実践的なアドバイスを提供します。オウンドメディアの効果を最大限に引き出すためのガイドとして、ぜひ参考にしてください。


目次

  1. オウンドメディアとは
  2. 目的
    1. 問合わせを獲得する
    2. 採用強化
    3. 購買意欲を高める
    4. ブランディング
  3. メリット
    1. 営業の労力を削減
    2. 広告費用を削減
  4. デメリットと注意点
  5. オウンドメディアの始め方について

オウンドメディアとは?

広義でオウンドメディアというと、ホームページやパンフレットなど自社が所有する情報発信媒体といった意味合いがありますが、ウェブマーケティングでは主にウェブマガジンのような物をイメージ頂けると良いかと思います。広告や、他社の媒体を頼らずに思い通りに情報が発信できるため、多くの企業がさまざまな目的で運営しています。また、押売的な要素がある広告とは違い、ユーザーが自発的に企業へのコンタクトを取るような特性があるため、見込み顧客の成約率の高さも特徴ではないかと思います。


目的

問い合わせを獲得する

美容クリニックがオウンドメディアを持つ場合、美容治療やスキンケアのヒントを提供するコンテンツを通じて、「美容クリニック おすすめ」のようなキーワードで検索上位に表示させることを目標とします。これにより、美容に関心のある人々の流入が増えます。

即時に問い合わせにはつながらなくても、有益な情報を提供することで信頼関係を築き、将来的に潜在顧客が自社を思い出しやすくなります。

採用強化

例えば、オウンドメディア上で、社内のイベントや福利厚生の紹介、独自の企業文化をアピールするコンテンツを発信することで、企業の魅力を伝えることができます。また、現在働いている従業員のインタビューや日常を切り取ったコンテンツを公開することで、企業での実際の働き方や雰囲気を生の声で伝えることができます。

これらの情報は、求職者に企業のリアルな姿を見せ、親近感を感じてもらうことに繋がります。結果として、企業に対して良い印象を持ち、実際に応募を検討してもらいやすくなります。

購買意欲を高める

企業には、差別化の為のさまざまな努力や施作があり、パンフレットやホームページで全てを伝えることは出来ません。そういった、細かな努力や特性などを配信することで、信頼感の獲得やイメージアップに繋がります。

ブランディング

製品の魅力や世界観などを固めることができます。
また、製品の世界観に惹かれたユーザーとの繋がりを増強することができます。


オウンドメディアのメリット

営業費用を削減

オウンドメディアが成功するという事は、企業の認知度、サイトの訪問者数が増えることを意味します。電話でのアポや飛込みでの営業をする事なく顧客や受注を獲得することが可能になります。

広告費用を削減

例えば、Google広告で、1クリック100円と仮定した場合、100クリックで一万円です。その内の1クリックから問合せが発生したとすると一回のコンバージョンに一万円がかかるという計算になります。オウンドメディアの目標は広告を出さずともそういったコンバージョンを得ることにあります。また、多くの場合、自然流入の方が広告経由の訪問者に比べてコンバージョン率が高いと報告されています。


デメリットと注意点

効果が出るまでに時間がかかる

オウンドメディアで発信するコンテンツが認知され、リピーターが増えるまでには時間がかかります。早急な問い合わせなどが目的の場合には、Google広告やSNS広告などの方が適切です。

労力がかかる

クリック率を高めるアイキャッチ画像などは、デザイナーに依頼したり、Canvaなどで自身で作成する必要があります。また、オウンドメディアはコンテンツの質と量が大切ですが、コンテンツの制作には時間と労力がかかります。例えば、この記事は2時間くらいかかっています。


オウンドメディアの参考

ご参考までに、以下に上手く運用されているオウンドメディアをご紹介いたします。


オウンドメディアの発注について

オウンドメディアを始めるには、目標や目的とターゲットとするユーザーの人物像(ペルソナ)、どういったコンテンツを制作していくかをあらかじめ設定する事が重要です。また、サイト解析などを定期的に行い、PDCAサイクルを回して、コンテンツ制作の方向性などを調整して、少しずつ改善していくことが重要となります。

この記事を執筆しておりますBUX Web Designではこういった点を考慮した初期のヒアリングを行なった上でのコンテンツの方向性のご提案やオウンドメディアの構築、定期的なウェブ解析までご依頼可能ですので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。また、コンテンツ制作の労力を大幅に削減するためのAIを取り込んだシステムのサービス提供もございます。

ご相談はこちら bux-web.com/contact
AIを使ったコンテンツ生成システム aiam.bux-web.com


Related Articles

成功への鍵、オウンドメディアの聴衆分析とその実践方法